「転倒予防」 一覧

理学療法 転倒予防

杖を使用することで得られる効果とは?

人間は動くことで、筋力や体力などの運動能力を維持・向上させ、各臓器を活性化することで健康状態を良好に保っています。 ただ ...

転倒予防

【高齢者の転倒予防】動作と筋力低下の関係性。筋力トレーニングの方法についても解説

高齢者の転倒には、いつくかの要因が重なり合い起きると考えられます。 その中でも転倒との相関性が高いといわれているのが筋力 ...

理学療法 転倒予防

高齢者の大腿骨頸部骨折に対するヒッププロテクターの予防効果とは?

2016/10/24   -理学療法, 転倒予防
 

大腿骨頸部骨折は高齢者に多い骨折で、寝たきり原因の第3位にもなり、要支援や要介護の原因の第4位にもなります。 大腿骨頸部 ...

転倒予防

病院で行われる身体拘束は転倒予防になるのか!?

2016/10/06   -転倒予防
 

僕は、回復期のリハビリ専門の病院に勤務しているのですが、入院している患者さんはホントに様々な症状をもっています。 その割 ...

転倒予防

医療機関が転倒予防に取り組むべき対策。医療者にできることは?

2016/09/14   -転倒予防
 

年齢を重ねるにつれ、身体機能の衰えが見え始め、高齢者は若年者よりも転倒してしまう確率は必然的に上がります。 地域住宅高齢 ...

転倒予防

転倒予防における行動変容とは?アプローチ方法まで解説します

2016/09/12   -転倒予防
 

転倒予防を目指すには、身体機能の向上、環境設定、課題難易度の調整など、いろいろなところに目を向けなければいけませんが、実 ...

理学療法 転倒予防

めまいを含む前庭機能のリハビリテーションについて。4つのアプローチ方法を解説

めまいを含む前庭機能のリハビリテーションについて、4つのアプローチ方法を中心に解説します。   スポンサーリン ...

理学療法 転倒予防

前庭機能の構造と働きについて。高齢者の転倒はめまいが原因かも?

前庭器は、耳の内耳にあり頭部の動きや眼球の動きによって、身体のバランスを保つ重要な機能です。 前庭機能は視覚や体性感覚に ...

転倒予防

転倒しないためには、立位・歩行時はどこに注意を向けるべき?

2016/08/21   -転倒予防
 

日常生活を送る上で、注意は欠かすことのできない能力の一つです。 日常生活ではその活動のほとんどが分配性注意、つまり二重課 ...

転倒予防

高齢者が安全に自転車に乗る方法!必要な身体機能や自転車の種類は?

2016/08/11   -転倒予防
 

病院でリハビリの仕事をしていると、「自転車で転んで大腿骨を骨折した」「また自転車に乗りたいけど乗れるかなぁ?」という患者 ...

Copyright© かずぼーのリハビリ大全 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.