「 理学療法 」 一覧

臨床のこと

臨床現場で理学療法士が考えておきたいリスクとは?

患者さんへの「リスク管理」は安全・安心な医療・介護を提供するにあたって重要なことです。 実際に理学療法士として働いていて ...

理学療法

認知症の検査「改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)」をどう解釈すれば良い?検査目的・方法・注意点を詳しく解説

日本は超高齢社会であり、2017年現在4人に1人が高齢者です。 高齢になると身体が衰えるだけでなく、認知機能も衰えてきま ...

理学療法

リスク管理に重要!理学療法士がバイタルサインを測定する意義・目的とは?観察項目についても解説

今回は、理学療法士が「バイタルサイン」を測定する意義や目的を解説しています。 また何を観察すれば良いのか(フィジカルアセ ...

リハビリ評価

リハビリに役立つ理学療法評価"情報収集・問診"の項目と活用方法について

理学療法士が行う「情報収集と問診」について解説します。 僕自身は回復期リハビリテーション病院に勤務していますので、画像所 ...

僕のこと

【対談企画】リハビリでコミュニケーション能力が必要な理由「療法士がコミュニケーションを通してできること」

理学療法士のかずぼーです。   今回は、日頃から情報共有をしている「理学療法士 × コミュニケーション」を実践 ...

理学療法

リハビリの訓練全般

リハビリの訓練について書いた記事をまとめています。 脳卒中のリハビリ ・脳卒中片麻痺「急性期・回復期・維持期」のリハビリ ...

雑記・考察

腕の良い・賢いだけの理学療法士はもういらない!?これからは"夢を与えられる理学療法士"が生き残る時代へ

これから先の"理学療法士のあり方"について考えているかずぼーです。   僕らが苦労して取得した「理学療法士」と ...

理学療法

リハビリで行う高齢者の効果的な筋トレ方法"負荷量・回数・頻度"についても解説

筋力トレーニングは、リハビリ場面で用いられることの多いメニューの一つです。 特に高齢者に関わることの多い、理学・作業療法 ...

理学療法

【例を用いて】筋力トレーニングの原則「過負荷の原則だけ意識しても逆効果!?」

リハビリやスポーツの場面で行われる筋力トレーニングですが、その普遍的原則としてあるのが「過負荷の原則」です。 つまり、筋 ...

理学療法

リハビリで使うマッサージ方法「リラクセーション効果を最大限に高めるポイント」

療法士は、患者さんとの本格的な運動の前にベッド上で太ももをモミモミ・・・腰をモミモミ・・・ってやりますよね。 マッサージ ...

Copyright© かずぼーのリハビリ大全 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.