リハ職の働き方ブログ▼

リハ職の働き方ブログ▼

おすすめ書籍

【書評】脳科学マーケティング100の心理技術 : 顧客の購買欲求を生み出す脳と心の科学

投稿日:2022年10月7日 更新日:

どうも、かずぼーです。

本をまとめています。

 

 

セット販売が有効

実際にかかる金額が痛みを引き起こすのではない

価格に適しているか、適していないかが痛みを与える

クレジットカードは購入に伴う痛みを軽減する

現金ですぐに支払う必要性をなくすことで購入時の痛みは軽減できる

 

購入時の痛みを軽減させれば売り上げは伸びる

その商品が上質である理由を時間をかけて説得することも大切

広告でお金を見せてはいけない

 

スポンサーリンク



 

お値打ち感を出すこと

人はアンカー(価格に対する基準)を持っている

それよりも安いと感じさせることが大切

 

高級品は値下げしてはいけない

人は効果なワインの方が安いワインよりも美味しく感じる

高級なものに快感を感じる

 

キリの良い価格は嫌われる

細かい価格設定の方が品質が高いと感じる

 

おとりの商品を置いておく

比較してもらえる

選択肢を増やしすぎないこと

 

品選びをアドバイスすること

 

スポンサーリンク



 

効果的なBGMを使おう

ブランドに合った音楽を作る

知っているブランドを愛する

 

共通の敵を作る

顧客にグループの一員だと思わせること

 

紙媒体の方が感情に訴えかける

印象づけたいなら重く厚くする

 

赤ちゃんの写真は受けが良い

注目してほしいところに赤ちゃんをおく

 

もしも買わなかったらを問う

 

メンバーズカードで顧客を囲い込む

優良顧客には特典をつける

 

暖かい飲み物を出すと温かい性格に見られる

甘いものを出すと断りにくくなる

柔らかい椅子に座ると交渉が通りやすい

 

顧客の意表をつく言葉を使う

シンプルなキャチフレーズを使う

 

ポジティブな場合は「%」を使わず数字のみで示すとより具体的にイメージしやすい

ネガティブな場合は、「%」を使うとイメージしづらいためネガティブな印象が和らぐ

 

脳は新しいものが好き

「新商品」に弱い

 

形容詞で躍動感を出す

香ばしいグリル、など

 

顧客の考える手間を省くこと

 

好みにカスタマイズした商品を売る

 

購入のハードルを高くすると、購入するのに苦労したと評価が上がる

 

新規顧客にはドンドン触れてもらう

画像や動画をドンドン使う

日替わり商品を使う、希少性

親しみやすいキャラクターを作る

 

リハ職の働き方ブログ▼

リハ職の働き方ブログ▼

一緒に読まれている記事


-おすすめ書籍
-,

Copyright© かずぼーのリハビリ大全 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.