理学療法

【FIM】階段昇降の評価

投稿日:

機能的自立度評価法(Functional  Independence  Measure:FIM)階段昇降の項目について詳しく解説します。

 

スポンサーリンク



階段昇降の定義

屋内の12段から14段の階段を昇降することを評価します。

階段昇降のポイント

●訓練内の評価も採点して良い。(できるADLも容認)

 

●1段の高さのちょっとした違いは気にしない

●エレベーターは階段とは別物

●上りと下りの点が違う ⇒ 低いほうの点数で採点

階段昇降の採点方法

 

介助量
介助者なし 7 完全自立 0%
6 修正自立 0%
介助者必要 5 監視・準備 0%
4 最小介助 <25%
3 中等度介助 <50%
2 最大介助 <75%
1 全介助 ≧75%

 

12~14段、4~6段を昇降しているかがポイントになります。

12~14段の昇降が可能な場合の採点方法

 

介助者が必要かで6点以上、5点以下を判断します。

手すりや福祉用具など使用しない場合は7点となります。

時間がかかる、手すりや杖などの福祉用具を使用している場合は6点となります。

12~14段を昇降していない場合

 

4~6段を自立して昇降していれば5点となります。

階段昇降の監視・準備(5点)とは

●12~14段の昇降に監視を要する場合

●12~14段の昇降はできないが、4~6段の昇降なら自立している場合

階段昇降の介助(4~1点)

12~14段の昇降が可能な場合

触れる程度の介助 → 4点

身体を支えたり、引き上げる、足を運び出す介助 → 3点

 

12~14段の昇降が不可能な場合

11段以下の昇降を身体を支えながら介助 → 2点

2人介助、または訓練では実施しても実生活で昇降していない場合 → 1点

 

【→FIMの各項目一覧に戻る】

一緒に読まれている記事


スポンサーリンク

-理学療法
-,

Copyright© かずぼーのリハビリ大全 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.