リハ職の働き方ブログ▼

リハ職の働き方ブログ▼

FIM

【FIM】階段昇降の評価

投稿日:2017年1月24日 更新日:

機能的自立度評価法(Functional  Independence  Measure:FIM)階段昇降の項目について詳しく解説します。

 

スポンサーリンク



階段昇降の定義

屋内の12段から14段の階段を昇降することを評価します。

階段昇降のポイント

●訓練内の評価も採点して良い。(できるADLも容認)

 

●1段の高さのちょっとした違いは気にしない

●エレベーターは階段とは別物

●上りと下りの点が違う ⇒ 低いほうの点数で採点

階段昇降の採点方法

 

介助量
介助者なし 7 完全自立 0%
6 修正自立 0%
介助者必要 5 監視・準備 0%
4 最小介助 <25%
3 中等度介助 <50%
2 最大介助 <75%
1 全介助 ≧75%

 

12~14段、4~6段を昇降しているかがポイントになります。

12~14段の昇降が可能な場合の採点方法

介助者が必要かで6点以上、5点以下を判断します。

手すりや福祉用具など使用しない場合は7点となります。

時間がかかる、手すりや杖などの福祉用具を使用している場合は6点となります。

3/4以上患者が行っていれば4点。

3/4以上患者が行っていなければ3点。

12~14段を昇降していない場合

4~6段を自立して昇降していれば5点となります。

1/4以上患者が行っていれば2点。

1/4以上患者が行っていなければ1点。

階段昇降の監視・準備(5点)とは

●12~14段の昇降に監視を要する場合

●12~14段の昇降はできないが、4~6段の昇降なら自立している場合

階段昇降の介助(4~1点)

12~14段の昇降が可能な場合

触れる程度の介助 → 4点

身体を支えたり、引き上げる、足を運び出す介助 → 3点

 

12~14段の昇降が不可能な場合

11段以下の昇降を身体を支えながら介助 → 2点

2人介助、または訓練では実施しても実生活で昇降していない場合 → 1点

 

【→FIMの各項目一覧に戻る】

一緒に読まれている記事


スポンサーリンク

あなたも理想の働き方を目指そう!

こんな声をよく聞きませんか?

・今の職場で力を発揮できない人は、どこに行っても一緒?

・コツコツ頑張れば出世して、いずれは給料も増える?

・すぐに求人は見つからない?

これらは、すべて誤解です。不満を抱きながら働くよりも、あなたが輝ける場所は必ずあります。

求人をよく見てみてください。

転職することで、すぐに月5万円以上も給料が増えることなんてよくあることです。

この業界の最大のメリットは、転職しやすいことですよね。それなら、あなたが望む理想の働き方を目指せるはずです。

ここでは、僕が実際に使ってみて、満足度の高かった転職サイトを3つに厳選。

あなたが働きやすい環境を探す手助けをしてくれます。

(※詳細ページは、僕が運営するブログへ移ります)

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、利用者数はNo1。(求人数8,000件以上)

マイナビコメディカル質にも拘っており、高定着率の求人も多数あります。対応も抜け目なく丁寧です。

特典として、「施設まるわかりガイド」がもらえます。

マイナビコメディカルは、まず登録しておいて間違いなしです。

 

マイナビコメディカルの詳細ページはこちら

 

メドフィット

メドフィットは登録もどのサイトよりも早い30秒、最短で3日のスピード入職も可能。

対応の良さ、速さとも満足度の高いサイトです。

また、エージョントが職場に直接足を運び現場の生の声を聞いているところも信頼性があります。

職場の雰囲気を重視している人メドフィットが良いでしょう。全国対応です。

 

メドフィットの詳細ページはこちら

 

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORT介護は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人も数多く取り扱っており、求人の多くは訪問リハビリ、老人保健施設、福祉施設などです。

スマイルSUPPORT介護では、短期間・短時間勤務の紹介予定派遣、新卒者の求人案内も積極的に行っているサイトです。

対応も丁寧で迅速であり、介護領域に転職したい人は登録しておきたいサイトです。

 

スマイルSUPPORT介護の詳細ページはこちら

-FIM
-

Copyright© かずぼーのリハビリ大全 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.