「 リハビリ評価 」 一覧

理学療法

認知症の検査「改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)」をどう解釈すれば良い?検査目的・方法・注意点を詳しく解説

日本は超高齢社会であり、2017年現在4人に1人が高齢者です。 高齢になると身体が衰えるだけでなく、認知機能も衰えてきま ...

リハビリ評価

リハビリに役立つ理学療法評価"情報収集・問診"の項目と活用方法について

理学療法士が行う「情報収集と問診」について解説します。 僕自身は回復期リハビリテーション病院に勤務していますので、画像所 ...

僕のこと

お仕事のご相談・ご依頼

当ブログをご観覧いただき、誠にありがとうござます。 お仕事のご相談・ご依頼につきましては、以下をご確認いただけると幸いで ...

理学療法

リハビリの訓練全般

リハビリの訓練について書いた記事をまとめています。 脳卒中のリハビリ ・脳卒中片麻痺「急性期・回復期・維持期」のリハビリ ...

理学療法

関節リウマチの評価とリハビリ。自分でできる運動療法、変形予防と日常生活の工夫

関節リウマチを呈している患者さんは意外にも多く、ここではどのような評価やリハビリがあるのかを詳しく解説しています。 骨折 ...

理学療法

脳卒中片麻痺の評価とリハビリ。ガイドラインを参考に急性期、回復期、慢性期(維持期)で推奨されるリハビリを詳しく解説

脳卒中に限らずリハビリテーションの一般的な流れとしては、急性期、回復期、慢性期(維持期)に分けられます。 脳卒中は、現在 ...

理学療法

変形性膝関節症の評価とリハビリ。ガイドラインで推奨される運動療法を詳しく解説

これから高齢化が進む日本では、今後増えててくると予想される疾患、変形性膝関節症(orteoarthritis  of   ...

リハビリ評価

形態測定の意義・目的。四肢長・周径の注意点と測定方法も詳しく解説

理学・作業療法士がリハビリの際によく行う評価の一つに形態測定があります。 この検査は身体測定ともいわれ、身体各部の太さ、 ...

理学療法

リハビリのプロを目指す理学・作業療法士の「クリニカルリーズニング(臨床推論)」を具体例も含めて解説

療法士はその手で患者さんをより良くしていくために、学生時代から解剖学や生理学、運動学の基本的なことから評価の仕方や考え方 ...

高次脳機能障害

高次脳機能障害「感情(情動)・行動障害」のメカニズムと評価、リハビリ支援をわかりやすく解説

人が行動を起こすとき、感情が先か、行動が先かの異論はありますが、いずれにしても感情と行動は密接に関係しています。 ここで ...

Copyright© かずぼーのリハビリ大全 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.