リハ職の働き方ブログ▼

リハ職の働き方ブログ▼

しょぼい副業サロン

【インタビュー】昼休みにサクッと!副業ライターで月3~5万円を稼ぐ方法

投稿日:2020年3月14日 更新日:

どうも、かずぼーです。

 

今回は、前々から交流があり、ライター業を副業としてこなす喜多さんをインタビューしました。

 

僕が喜多さんと知り合ったのは3年くらい前ですかね。

喜多んさんは、僕よりも1歳年上(僕は32歳)で世代も近いですし、副業とか本業以外の活動に興味がある同志として、たまーに絡ませていただいています。

2017~2019年は「コミュセラ」というオンラインコミュニティでお世話になり、オンデマンドで書籍も出版しました。Amazonで買えますので、良ければ。

書籍販売「コミュニケーションを止めるな!~答えは僕らの中にある~」

 

喜多さんはライター業で副収入を得ているとのことですので、今回インタビューをさせていただきました。

 

「ライター業ってどんな感じなの?」と気になる人には参考になると思います。

 

喜多さんのTwitter▼

スポンサーリンク



喜多さんの自己紹介

喜多さん

喜多一馬 33歳

【活動内容】

病院で理学療法士として勤務しながら、ライター活動も行っています。分かりやすく誰にでも伝わる文章を書くことを心がけています。

他にもオンラインサロン運営・メディア運営・ブロガー・デザイン会社のアドバイザーなどを行っています。誰もがマネーの達人になれるよう、執筆していきます。

引用)マネーの達人

 

喜多さんは本業である理学療法士の研究や論文発表などもしっかりされており、ふらふら副業をしている僕との差を常に見せつけられています。

 

ライター業をやろうと思ったのはなぜ?

かずぼー

本業以外の活動って何されてます?

 

喜多さん

プロジェクトベースでいろいろやってて、年に数回案件ごとで仕事を受けるみたいな感じで、安定して収入になるのが今はライターですね。

 

かずぼー

ライターはなんで始めたんですか?

 

喜多さん

もともと整形クリニックでバイトしてたんですけど、バイトも本業と同じように交通時間とか曜日が固定されるじゃないですか。

そのデメリットもあって、週1回バイトに時間を使うのが勿体ないなと感じていて、昼休みとか夜にでもできる仕事は何かなと考えたときにライターがいけるなってなったんです。

 

例えば、昼休みに2000文字くらいの記事を書けるとすると、出勤するごとに記事を完成させたとしたら、20日出勤すれば月に20記事できるじゃないですか。

そのほうが効率が良いんですよね。休みももっとつくれるなと思って。

 

かずぼー

生活に余裕を作るってことですね。

 

スポンサーリンク



ライター業でどれくらい稼げる?

かずぼー

ライターはいつからしてるんですか?

 

喜多さん

ライターは2019年の8月くらいからです。

 

かずぼー

月の収益ってどれくらいですか?

 

喜多さん

初月で5万円くらい稼げたんですよね。

割と忙しい月だったんですけど、副業でそれだけいけたので、これは良いなってなったんです。

 

かずぼー

何記事くらい書いたんですか?

 

喜多さん

そのときは15記事でした。

 

ライターに専念しようと思って。それで10月にバイトを辞めたんです。

 

かずぼー

バイト辞めたんですね。

 

喜多さん

論文とかやってる月だと忙しいので、月に3~5万円くらいですかね。

もっと時間つくれば10万円はいくと思いますよ。

どんな記事を書いてますか?

かずぼー

どんな記事書いてるんですか?

公開できるので良ければ、教えてください。

 

喜多さん

基本的に発表はしてはいけないんですけど。

これは大丈夫です。

マネーの達人

 

かずぼー

これ喜多さんが書いたんですか?

すごっ!めっちゃクオリティ高い。

 

喜多さん

他の内容だと転職系とか。

 

今はジャンル関係なしで、いろんなホームページのブログ記事を書いてるって感じです。

例えば、巷のお店の記事とか。

 

かずぼー

そんなん書けるんですか?

 

喜多さん

キーワードだけ指定されて、それに合わせて調べて書くので、そんなに難しくないですよ。

楽勝ですよ。

 

かずぼー

たまに旅行のこと書いてくれって案件あるじゃないですか?

そんな感じですか?

 

喜多さん

そうそう。

例えば、「旅行 お土産」ってキーワードもらって、見出しつくって文字を書くって感じ。

 

かずぼー

それはネットで調べて、まとめるんですか?

画像とか付けるんですか?

 

喜多さん

僕のやってるのは画像ないんで楽なんですよ。

極端に言うと、「NAVERまとめ」みたいな感じ。

実際に旅行行ってみた記事は僕も書けないですよ。

 

かずぼー

昼休みにそんなサクッと書けるものですか?

 

喜多さん

案件によりますね。

 

結構きついのが、"ないこと"を書いてくれって案件もあるんですよ。

例えば、転職の記事とかで「口コミを書いてくれ」って言われるんですけど、そもそも口コミがない場合もあって。それじゃ書けないんですよね。

 

かずぼー

僕も以前ライターをちょろっとやったんですけど、合わないなって思ったんです。

 

喜多さん

へー、意外・・・

 

かずぼー

きた依頼が、メンズコンシーラーの紹介記事を書いてくれってやつで...

コンシーラーって知ってます?

 

喜多さん

え、顔のマッサージするやつですか?💦

 

かずぼー

男性用の化粧品のことです。

ファンデーション塗ったりするやつらしいです。そんなん知らんし。(笑)

 

4000文字で書いてくれって。

むずいなーってなって。

一生懸命まとめて納品しましたけど、労力に合わないからそれはそれだけで終わりました。

 

喜多さん

僕もそれ書けって言われたら無理やな。

 

かずぼー

他にも転職のことを書いてくれって依頼が来て、僕も転職ブログ書いているし、それは書きやすいから良かったんですけど。

クライアントが気に入ってくれて、ポンポン依頼してくるんですよ。それで嫌になってやめました。(笑)

 

喜多さん

嫌なったんかい。(笑)

記事単価の相場はどれくらい?

かずぼー

文字単価ってどれくらいが相場なんですか?

 

喜多さん

ランサーズで出ているのが、1文字1円くらいですかね。

 

かずぼー

なるほど。

単価交渉ってします?

 

喜多さん

僕はあまりしないですかね。

基本、重たい案件は受けないので。

いろいろ調べないと書けない内容だと、例えば2000文字で6000円とかで単価を上げないとやっぱり割に合わないですよね。

ライター案件はどこで受けるの?

かずぼー

どこから依頼を受注してます?

 

喜多さん

僕はランサーズ経由で全部受けてますね。

 

かずぼー

僕はクラウドワークスが多かったです。

クラウドワークスはやってないんですか?

 

喜多さん

一応やってますけど、ランサーズが多いです。

ランサーズのほうがライター案件が多いって聞いたんです。

ライター業の今後の可能性は?

かずぼー

ライター業の可能性ってどうですか?

 

喜多さん

市場自体は参入してくる人が増えると思うので、右肩下がりな気がするんですよね。

ただ、僕たちみたいにライセンス持ちのライターは少ないみたいなので、そこはまだまだいけるんじゃないでしょうか。PT・OTは少ないと思いますよ。

 

かずぼー

喜多さんは直接契約はしてるんですか?

 

喜多さん

いくつかしてますよ。

PTとしてではなくて、どこにでもいるいちライターとしてですよ。

 

かずぼー

僕も直接契約の依頼きましたけど、お断りしました。(笑)

 

喜多さん

断ってばっかりや。(笑)

でも無理と思ったらそのほうが良いですよ。依頼する人のことを考えても、無理するとダメですし。

 

ランサーズとかだと手数料引かれるじゃないですか、直接だと手数料引かれないから良いですよね。

 

クラウドソーシングサイトを利用するとどうしても手数料がかかるので、最初のうちは小まめに振込み申請をかけて良いと思いますけど、記事を書くことに慣れてきたらまとめて振り込み申請をしたほうが、手数料の面ではお得ですね。

 

あとは、リハ職ってパイが少ないじゃいですか。

だから、一般の人のほうが僕らの情報欲しがってるんでしょうね。Tarzanもクオリティ高いですし。

 

かずぼー

YouTubeの一般向けの運動もすごい伸びてますしね。

ライター業で大切なことは?

かずぼー

ライターで大切なことは?

 

喜多さん

間違ったことを言わないですかね、当たり前か。

医療に限らず、どんなことでも絶対そうじゃないのに断定するのは良くないですよね。

 

あとは、僕は文字単価の低い案件も受けているので、ダラダラやらずにスピードを大切にしていますね。

 

かずぼー

なるほど、昼休みでも書けるくらいのスピードでってことですよね。

 

喜多さん

そうです。

じっくり時間かけて構成を考えるような案件だと、単価を上げないと割に合わなくなりますからね。

 

かずぼー

そうですよね。

僕が挫折したのがそこですね。文字単価と労力が合わない案件は注意したほうが良いですよね。

メンズコンシーラーの記事書くのに3日くらいかかりましたからね。(笑)

 

喜多さん

それはテンション上がりませんね。

ライター業の魅力は?

かずぼー

ライターって面白いですか?

 

喜多さん

面白いですよ。

僕が書いてるのはノンジャンルですし、いろんなことが知れますよ。

例えば、日本の花火について書くとすれば、自分の近所に花火大会があったんだとか知ることができるじゃないですか。

能動的に調べる量が増えるので、知らないことでも調べていくうちに詳しくなって、そういう面白さもありますよ。

 

かずぼー

たしかに、ブログ書くときもそうですもんね。

僕も自分のブログで、Amazonプライムとか楽天カードとかの記事を書くときもまとめていくうちに詳しくなりました。

ライターをやってみたい人にアドバイスを!

かずぼー

ライターしたい人にアドバイスを!

 

喜多さん

とにかくやってみることですね。

案件を受けるなら、ランサーズで良いと思います。

ランサーズは、自分で好きな案件を探していく感じです。クラウドワークスだと直接メールが来るから楽ですけど、自分が書きたい内容かはわかりませんので。

 

何記事か書いてみて、ライター業が自分に合うか確かめるつもりでやってみると良いですよ。合う人合わない人きっちりわかれると思いますけど。

 

かずぼー

ライター業は誰でもできますし、即金性があるから合う人にはサクッと稼げますよね。

 

喜多さん、ありがとうございました。

 

以上になります。

 

喜多さんが書いた記事▼

マネーの達人

 

リハ職の働き方ブログ▼

リハ職の働き方ブログ▼

一緒に読まれている記事


スポンサーリンク

-しょぼい副業サロン
-, , , ,

Copyright© かずぼーのリハビリ大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.