PT・OT・STの求人情報

PT・OT・STの求人情報

転職・就職

理学療法士の求人情報はどこで探す?誰に相談すれば良い?【リハビリ職の転職】

投稿日:

転職経験者のかずぼーです。

 

リハビリ職の方で転職を考える際、求人情報をどこで探し、誰に相談すれば良いか悩むときってないでしょうか?

 

「何となく今の職場に合わない。」と感じながらも、次の職場を探すのがめんどうになり、ずるずると今の職場に残る人も案外多いのではないかと思います。

 

一度転職しようと考えていたのに行動にできなかた理由は、

・転職までの手順がわからない

・忙しくて転職活動どころではない

・今よりも働きにくくなる心配がある

というのが多いのではないでしょうか。

 

転職は労力のいるイベントでもありますので、できるだけ無駄なくスムーズに次の職場を見つけたいものですよね。

ここでは求人情報の入手先や誰に相談すれば良いのかをまとめています。転職を成功させるために、是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク



まずは自分が望む条件を整理しましょう。

職場に求める条件としては、

・勤務地

・給与(賞与、昇給)

・休暇日数

・勤務時間や残業の有無

・仕事内容

・評価制度や人事制度

・福利厚生

・職場環境や社風

があります。

すべての条件を満たしている職場はそうそうにありませんので、「譲れないところ」「あれば良いかな」という線引きでも良いですので、優先順位をつけてみましょう。

 

お子さんがいたり、住宅ローンを抱えている家庭では、給与を上げるために転職する人は多いですが、給与にこだわりすぎてチャンスを逃すことも多いにあります。

転職により一時的に年収が下がったとしても、その後1~2年の実績で年収が上がる職場も多いので、評価制度は確認しておくと良いでしょう。

 

給与や休暇日数は目に見えてわかりやすいものですが、職場の雰囲気や人間関係などはホームページや求人広告からではわかりづらいものです。

給与を上げる目的で転職してみたものの「残業が多くて忙しい。」「人間関係が最悪。」など、前職では何とも思っていなかったものが実はメリットであったということも珍しくありません。

 

ですので、例え給与を上げるためだとしても、ここは冷静にできるだけ詳しく自分が望む条件を書き出して整理しておくことをおすすめします。

転職することで新しく得られるものに目を奪われがちですが、失うものもあることを考えながら転職に臨みましょう。

リハビリ職の求人情報はどこで探す?誰に相談すれば良い?

転職の目的が整理できれば、それに見合った求人を探すだけになりますね。

 

求人情報の入手先は、

・求人サイト

・転職エージェント(人材紹介会社)

・ハローワーク

・病院ホームページ

・同僚や知り合いの紹介

など多くあります。

 

病院のホームページで求人情報が載っていることもありますが、給与は「当院規定に基づく」など記載がない職場がほとんどで、どうしても詳しい内部事情に関しては電話で問い合わせるか病院見学に行くなどしなければいけないので、かなりの手間がかかります。

 

知り合いの紹介ですと「こんなはずじゃなかった。」といった後悔は少ないでしょうが、人脈が必要になってきますね。

せっかく紹介してもらったのに微妙だったときに断りにくいこともあります。また、知り合いがいるからという安心感だけで選んでしまうと失敗してしまう可能性もありますので、慎重に判断しましょう。

 

幅広い職種の中から職種や地域を絞りこんでいく際には、求人サイトやハローワークは向いています。

ハローワークは職業訓練を無料で受けれたり、多くの中から求人を探せるメリットはあります。ただし、広告費用がかからないことからブラック企業も多い点は注意が必要です。

 

求人サイトでいえば、例えばリクナビNEXTに希望条件を登録しておくと該当する求人が新たに出たときにメールでお知らせが届きます。

ただ、リハビリ職に限ってはすでに職自体は絞り込めていますので、職場の内部事情に詳しい転職エージョントに相談するのがおすすめです。

求人サイトと転職エージョントの違いを知っておこう

求人サイトと転職エージョントとの違いですが、どちらも希望条件を登録しておくと求人を紹介してくれます。

簡単にいうと、

求人サイト → 無料、求人案内あり

転職エージョント → 無料、求人案内あり、個別対応

ということです。

 

転職エージョントに登録しておくと、キャリアアドバイザーという「転職のプロ」が相談に乗り、個別に希望条件を聞いてくれます。

転職エージョントに登録しておくと履歴書の書き方や面接対策も一緒にしてくれますので、内定を取れる確率がかなり高まることは間違いありません。

求人サイトでは、このような相談や応募先への連絡はすべて自分でしないといけませんので大変です。

 

転職エージェントが無料の理由ですが、求人企業側から成功報酬を受け取る仕組みになっています。そのため転職相談者は無料でサービスが受けられるということです。

転職エージェントに相談するメリット

転職エージョントを利用するメリット

・「非公開求人」がある

・選択肢の幅が広がる

・履歴書の添削をしてくれる

・面接対策をしてくれる(エージョント次第では面接同伴もしてくれる)

・応募先とのやり取りを代行してくれる

・職場の内部事情を入手できる

など非常に多くのメリットがあります。

 

転職エージェントと提携している病院や施設の多くは「非公開求人」となっています。

なぜ非公開かと言うと、多くの応募者を相手にしたり、企業が求める人材と転職者が求める職場が合致していなければすぐに辞めてしまう可能性もあるからです。

お互いの希望が合わないと1人あたりの採用コストがかかってしまうため、企業は転職エージェントと提携しているほうがメリットが多いのです。

 

特に30代や40代のキャリアがある人ほど、職場に求めるものがある程度はっきりしているはずです。

ですので転職エージェントを利用していると、企業が求める人材=転職者が求める職場となりやすいです。

 

また、新人や2・3年目などの若手でも「今の職場は長く続かない気がしているが、良いところが見つからない。」という状態でずるずると現職に居続けることもあります。

もちろん長く勤めることで給与アップも見込めますし、出世する可能性も高いですが、問題なのは違和感を感じたまま働き続けることです。

若手の多くは最初の職場の影響を強く受けますが、他の分野に飛び出してみて本当に自分がやりたいことが見つかることもあります。

キャリアチェンジを考えている人は選択肢の幅を広げることができるので、転職エージェントに相談してみると道が開ける可能性があります。

 

求人サイトや病院ホームページだけでは知りえない情報を、キャリアアドバイザーから入手することもできます。

給与はもちろん、先々の事業戦略や院長(社長)、上司のキャラクターなどの内部事情も教えてくれます。

選考で重要視しているポイントもアドバイスしてくれますので、面接時には大きなアドバンテージになります。

さらに応募先への連絡も代行してくれますので、転職者は本当に楽です。

デメリットはあるのか?

しつこく電話やメールが届くことを心配するかもしれませんが、僕は2回の転職活動においてはまったくそのような面倒なことはありませんでした。

転職エージェントは報酬目的に転職者に満足のいかない案系を紹介してもデメリットしかありません。

入職者にすぐ辞められては、企業からの評価が下がる可能性があることもよく理解しています。

また満足のいかなかった転職者が口コミやSNSで悪評を呟かれる恐れもありますので、企業と転職者両方に満足のいく方法を第一に考えています。

複数の転職エージェントに同時に登録しても良いのか

結論から言うと、まったく問題はありません。

僕も2つほど同時に登録して転職活動を進めていましたし、担当のキャリアアドバイザーに複数登録している旨を話しても大丈夫です。

転職を成功させるためには、情報を多く持っていたほうが良いのはアドバイザーも十分理解しています。

 

実際、キャリアアドバイザーとはいえスキルは人それぞれですので、「このアドバイザー合わないなぁ。」と感じることもありますので、いくつかのエージョントを利用しておくのがベストです。

また、登録したから必ずし就職を決めないといけないわけではありません。良い職場が見つかるのもタイミングがありますので、求人情報を入手するだけに留めておくのもありです。

転職エージェントの登録方法は簡単!

参考までにメドフィットの登録方法を記載しておきます。

まずは、メドフィットの登録画面へ。

 

保有資格、名前、住所、メールアドレス(またはLINEのID)、生年月日を入力。

最後に申し込みボタンを押して完了。

 

メドフィットへの登録は約30秒で終わります。

 

こちらに僕がおすすめする転職エージェント4選をまとめていますので、参考にしてください。

 

転職が成功するかは情報量で決まる

まずは自分が望む条件を書き出し、条件に合った職場を探していくのが転職を成功させる秘訣です。

給料が上がったとしても、休みが少なくなったり、人間関係が劣悪だと今度は別の理由で辞めてしまうかもしれません。

職場選びは慎重になると思いますが、もっと内部の事情を知りたいというのが転職者の本音ではないでしょうか。

興味を持った職場の人に尋ねてみるのが良いのですが、そんなに都合よく人脈があるわけではないので、その際は転職エージョントに積極的に相談してはどうでしょう。

 

【無料の転職支援サイト】

ご登録はこちらからも可能です。

 

≪おすすめランキング≫

 メドフィット

 マイナビコメディカル

 スマイルSUPPORT介護

 理学療法士WORK作業療法士WORK言語聴覚士WORK

 

こちらに僕がおすすめする転職サイト4選をまとめていますので、参考にしてください。

 

一緒に読まれている記事


スポンサーリンク

1

理学療法士が活躍できる場は、病院に限らず、介護老人保健施設やデイケア、訪問リハビリ、外来リハビリなど・・・本当に沢山あり ...

2

理学療法士8年目のかずぼーです。   最近、30代で理学療法士を目指す学生と話をすることがありましたが、このく ...

3

僕は理学療法士になって8年経ちますが、その間に2つの回復期リハビリテーション病院で実務経験を積んできました。 &nbsp ...

4

アラサー理学療法士のかずぼーです。   僕は回復期の病院に勤務しているのですが、以前実習生と話をすることがあり ...

5

僕は5年目になる年に転職を経験しましたが、辞めたいと思い始めたのは実は3年目のときでした。   こちらは、「初 ...

-転職・就職
-, ,

Copyright© かずぼーのリハビリ大全 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.