転職・就職

30代で異業種から理学療法士へ転職した人の話

投稿日:2017年11月28日 更新日:

アラサー理学療法士のかずぼーです。

 

僕は回復期の病院に勤務しているのですが、以前実習生と話をすることがありました。

 

その実習性は30代半ば。

 

異業界から理学療法士へ転職しようと、理学療法士の学校へ通いだしたそうです。

もう最後の実習なので、就職をどうするのか聞いてみると「給料が心配。」とのことでした。

30代の実習生をたまに受け持つことはありますが、給料の心配事は絶対に聞かれますね。結婚して、子供がいると「やりがい。」だけではやっていけませんもんね。

でも、就職するにあたっては他にも心配事はあるようです。

 

「やっぱり若い人を優先して採用するのではないか?」

「就職先はあるのか?」

「これから先給料は上がらないと先生から言われた?」

など。ん~、どれも良く聞く話ですね。

 

僕も今年30歳を迎える年で、大きなことは言えないかもしれませんが、少しでも良い情報を与えようと思い、色々話をしてみました。

 

スポンサーリンク



30代実習生の悩み。家庭事情

実習生に、なぜ理学療法士になろうと思ったかと聞くと、

「前職は事務の仕事では給料が上がらず、今よりも給料の良いところへ転職しようと思いました。」とのこでした。

「子供もほしいし、将来子供が大きくなったときのお金のことが心配だから、思い切って他の職種に変えよう」

 

続けて、「おばあちゃんが骨折して入院したので、そこで理学療法士のことを知って将来を考えると、リハビリの仕事が良いんじゃないかと思いました。」

と言っていました。手に職をつけていれば安心ではないかと考え、理学療法士の学校に入学したそうです。

 

20代はやりがい、スキルアップを目指して就職する方が多い(もちろん全員ではありませんが。)と思います。僕も20代前半の頃はそうでした。

 

ところが30代ともなると、

「今の給料で家族を養っていけるのかな?」

「子供の学費を蓄えられるのかな?」

「親が病気になって施設に入所したお金を払っていかないといけなくなった。」

という声をよく耳にします。

30代では、給料や働き方などに興味がいくみたいですね。

30代は、結婚して家庭を持つ人が増えてくる年代ですので、安定した会社に就職したいと思うものです。

30代で転職は不利なのか?

実習生が口にしていたのが「人気の病院は若い人を優先してとるのではないか?」でした。

病院や施設によっては年齢給というものがあります。つまり、年上のほうが給料が少しだけ良いわけです。

そうなると、同じ能力なら「若いほうがコストを抑えらえるし、よく働きそう。」という風になってきますので、そういう意味では30代は不利と言えば不利です。

新卒者にはない30代転職者の強みは?

ただし、新卒者にはない30代の強みも当然あります。

もちろん20代でもしっかりしている人はいますし、年齢で分けるのは絶対ではありませんが、一般的なイメージとして30代の強みを挙げてみます。

強み①:常識がある

30代で初めて就職しますなんて人は滅多にいないかと思います。つまり、何かしら勤めた経験があるはずです。

特にリハビリ職は若い人が多く、患者さんに対する言葉遣いなっていない人もいますが、他業種をみている人ならここに違和感を覚えることは多いでしょう。

新卒者よりも、電話対応や上司への報告など、社会人としての基礎も経験から学んできているはずですので、その点は20新卒者よりも有利に働きます。

強み②:他の職種を見ている

新卒理学療法士は他の職業を見たことがない人がほとんどです。例えば一般的な企業がどういう働き方をしているのかなどはかなり疎いです。

他の世界を見てきた人なら、患者さんとの話のネタにもなります。パソコンを扱うことが多い職業でしたら、そのまま転職先でも大いに活かせます。(理学療法士は案外パソコン業務が多いので。)

強み③:マネジメント経験があれば尚良い

また、前職でマネジメントを任された経験があればかなりの強みです。

就職していきなりマネジメントを任されることはありませんが、同期をまとめる頼もしさを見せていれば自ずと会社での評価も上がりやすくなります。

何を"目的"に転職するのかが大事

話をした30代の実習生は「学校では理学療法士は飽和状態、これから就職も厳しくなる。」と言われ、さらに不安になったそう。

 

僕は、「今後就職をどう考えているのか、なぜ理学療法士をなろうと思ったのか。」を聞いてみました。

実習生「給料が高いところは訪問リハビリと考えていますが、まずは病院でスキルをつけてからのほうが良いと聞いたことがあります。」

とのことでした。

 

病院のほうが患者さんの情報は多く勉強になることもありますが、訪問リハビリでも勉強にならないわけでは当然ありません。

訪問リハビリは一人で利用者宅を転々と周りますので、先輩に直接利用者さんを診てもらうことは難しいかもしれません。

でも、たとえ先輩へ相談しアドバイスをもらい、実行したことを自分でフィードバックすることが大事になります。それは病院でも訪問リハビリでも同じことです。

30代で転職をするということは何か目的があるはずです。結婚している人では給料を上げるためなどはっきりしているのではないでしょうか。

だとすれば、目的をぶらさず給料の高いところを選んでも良いのでは?

例えば、

「給料上げたい。」

「奥さんを楽にさせてあげたい。」

「お金がないことで子供に苦労させたくない。」

そういう思いがあるなら、何よりも給料は気にしておいたほうが良いでしょう

 

理学療法士が給料を上げる方法はこちらにまとめています。

理学療法士が"給料を上げるため"にできる5つの方法

理学療法士の就職先は?

最近では、診療報酬の改定に伴い、理学療法士の給料は下降ではありますが、探せば給料の高いところも結構あります。

理学療法士の就職先

・病院(急性期、回復期、療養)

・クリニック、外来リハ

・介護老人保険施設

・特別養護老人ホーム

・デイケア

・デイサービス

・訪問リハビリ

などがあります。

他にもスポーツ分野で活躍する理学療法士もいますが、稀です。給料が良いのかはちょっと不明です。

 

給料を見てみるとピンキリで、給料が高いところでも休みが少なかったりもあります。残業代が出ないところもあったり、実際に職場に聞いてみないとわからない内部の事情もあります。

 

訪問リハビリは、給料高めです。

病院では20万円、年収350〜400万円くらい。昇給は0〜5000円くらいが普通です。(公務員は初任給安めで、昇給高めです。)

デイケア、外来などは400〜450万円。

訪問リハビリのインセンティブでは、年収500万円のところにあります。給料を気にする人はだいたい訪問リハビリへ転職していますね。

訪問リハビリは、インセンティブをとっているところもあり、時間給ではなく1件何千円という歩合制をとっているところもあります。

デメリットは、受け持ちが少ない最初の時期は給料が少ないのと、利用者さんが急遽休むと給料は発生しないところです。

 

訪問リハビリは、病院のように囲われた感じはないので、黙々と仕事をこなしたい人にはおすすめですね。ケアマネや医師との連携は当然ありますが、それは病院にいても同じことです。

転職・求人の探し方

理学療法士の就職先は本当にたくさんあります。

30代で転職するのはとても勇気のある決断だと思います。僕が言えることではないですが、本当にすごいことです。

30代だからと言って就職で大きく不利になることはないので安心しても良いでしょう。

 

ただし、働き先がたくさんあるからこそ、自分の求めている職場を探すのも大変。

給料を求めるのか、人間関係が良い職場に勤めたいのか、目的は明確にしておきましょう。

 

給料が高めなのは介護保険領域で、特に訪問リハビリは高収入(年収500万円くらい)なところもあります。

スマイルSUPPORT介護は介護領域に特化した転職支援サービスですので、相談してみると良いですね。

また、マイナビは地域は限られますが、個別面談もありますので、直接話を聞いてみたい人はマイナビをおすすめします。

 

転職サービスへの無料で、登録も1分程度で済むものですので、是非活用してみてください。ネットにはない非公開求人や職場の内部事情にも詳しい転職エージョントが親身になって相談に乗ってくれますので、使わない手はないです。

 

一緒に読まれている記事


スポンサーリンク

転職をお考えの人はこちら

1

理学療法士が活躍できる場は、本当にほんと沢山ある思います。 病院に限らず、介護老人保健施設やデイケア、訪問リハビリ、外来 ...

2

転職経験者、理学療法士8年目のかずぼーです。   実は僕、転職活動は2回目になります。 1度目の転職は5年目に ...

3

理学療法士のかずぼーです。   マイナビの大阪支社に行ってきましたので、今回はそのレポートを書いてみます。 な ...

4

今回ご紹介しているスマイルSUPPORT介護は、介護保険領域に特化した転職支援サイトであり、PT・OT・STで介護保険領 ...

-転職・就職
-, ,

Copyright© かずぼーのリハビリ大全 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.