転職情報

【PT/OT/ST】人間関係が原因で仕事を辞めたい!?人は簡単に変えられないが環境は変えられるよ。

投稿日:2017年9月26日 更新日:

人間関係が原因で仕事を辞めるって別に普通のことだったりします。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などは一般企業よりもコミュニケーションを多くとることがあるため、「人間関係」のこじれが原因で辞める人は多いと思います。

 

スポンサーリンク



仕事を辞める原因の第1位は「人間関係」

仕事が辞めたくなるほど辛くなる原因の1位は「人間関係」だという事実があります。

 

こちら▼は20~40代を対象に入職後に失敗したと感じた要因を調査したものです。人間関係が1位、次いで労働環境と続いています。(転職会議意識調査」から引用)

引用)https://report.jobtalk.jp/research/detail/id=337

 

実際に辞めると上司に伝える場合は、ほとんどの人が「建前」で伝えていることも以下のグラフでわかっています。

引用)http://news.mynavi.jp/news/2013/08/09/067/

 

本当のところは「人間関係」が原因で辞めるんですが、上司に報告する際には「家庭の事情」と言って辞める人が多いようですね。

そりゃあ「嫌な人がいるから辞めます。」って正直に言える人はあまりいませんよね。

PT・OT・STの人間関係事情

僕も転職経験者ですので、どんなことが辛くて辞めたくなるのか理解しているつもりですので、辞めたくなる要因を以下に挙げてみました。

 

・上司からやりたくもない業務(課題)を振られる。

・先輩から患者さんのことできてないことをネチネチ指摘される。

・後輩が役に立たない。

・院長からリハビリの進捗状況をチクチク指摘される。

・他部署にお局さんがいて、コミュニケーションをとるのが億劫。

 

こういった悩みは仕事をする上で当たり前にあると思いますが、人の悩みのほとんど人間関係だなと感じますね。

 

そういえば、有名な心理学者のアドラーも「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」と言ってるくらいです。

これは逆に言えば、人間関係さえクリアできればほとんどの悩みやストレスは解消されると言い換えることもできますね。

 

仕事上の悩みには人間関係以外にも、

・作業がうまく進まない

・患者さんの治療がうまくできない

などでストレを抱えるケースもあると思います。

そんなときでも頼れる先輩がいてフォローしてもらえる環境にあれば辞めたくなるほどストレスにはならないはずです。

むしろ、解決策が見つかって安心したと同時にモチベーションも高まるんじゃないでしょうか。

そういった雰囲気がある職場はとても働きやすいと思いますね。

他人は変えられないが、自分は変えられる

リハ職だけでなく、医療職全体に言えることは、

・プライドが高い

・粗探しが得意

・強気な人が多い

という気質を持った人が多い印象があります。(あくまでも僕の印象です。)

 

世間的には「他人は変えられないが自分は変えられる」と言われていますが、まさにその通りで上記のような気質を持った他人を変えるのはかなり難しいと思います。

 

プライドの高い人や粗探しが好きな人がある特定の人には優しくなることはあるでしょうが、粗を探す相手は選びますからね。

上司とかにはペコペコするけど、後輩相手だとキツくあたる人って普通にいます。

立場の違いがそうさせているわけですので、本質的には他人は自分の思い通りにはいかないことがほとんど。

それなら、自分を変えるほうが簡単なんですよ。

自分を変える方法

自分を変える方法には2つあります。

①自分自身をひと回り成長させ周りから認めてもらう

②環境を変える

 

①ができれば仕事はものすごくやりやすくなります。

でもね。人はそんなすぐには成長しないわけです。

むしろそうやって揉まれていることが訓練であり、成長の糧になるのですが、同時にモチベーションが下がってしまう恐れもあります。

そうすると、自分を変えるというのは難しくなります。

 

「よし!やってやるぞー!」

「自分にもできるかも!」

って思えないと自分を変えることは難しいんですよ。

いかにモチベーションを上げるかが大事なんです。

 

たとえ過酷でも、その先に変われる目処があるならを続けられそうですけど、「いつまで辛いの・・・?」という状態なら②の環境を方法を選択することを強くおすすめします。

 

他人は変えられないし、自分も簡単には変えられません。

人はそんな簡単には変わらない。環境が人を変える

よく「自分を変えなければ、どこの職場で働いても一緒だ。」というもはや逃げることを許さないかのような悪魔の言葉がありますが、自分を変えるには環境を変えるのが一番簡単で手っ取り早いですからね。

 

辞めた人の中に、辞めたことを後悔したと言っている人を見たことがないです。

何年かしてから「あの時はこうすれば良かったなぁ、今だったはあの職場でもやっていけそう。」と思うときもあるんですが、それはあなた自身が環境を変え、経験を積んだからなんです。

で、しかもPT・OT・STはまだまだ求人はありますので、わざわざ嫌で辞めた職場に未練を残してても仕方ないと思います。

 

僕が以前努めていた職場はかなり厳しい雰囲気があり、院長回診では後輩が担当する患者さんのことまで僕が院長に怒られたりしてました。(涙)

「なんで俺が怒られんの?後輩もっとしっかりしてくれよ。」という不満を抱えていました。

周りはそういった環境に慣れていってたようですが、僕は我慢できずに辞めましたね。

 

転職してからは人間関係のストレスは解消されて穏やかに過ごせています。

自分を変えてからでないと環境を変えても同じというのはウソだと本気で思っています。

仕事が辛いなら環境を変えたほうが早いですよ、普通に。

環境を変えるためにしておきたいこと

辞める前にちゃんと退職理由を考えよう、自分を見つめ直してからでも遅くはないとはよく言いますが、むしろ考えすぎなんですよ。

辛いって気持ちに正直になってさくっと行動したほうが良いじゃないですか。だって辛いでしょ。

 

さすがに今すぐ辞めて、良い環境で働けるとも保証できませんので、転職アドバイザーに相談することをおすすめします。

親切に指導してくれる職場は探せばいくらでもありますし、そういった職場を好むなら転職アドバイザーに希望を言ってみるが良いでしょう。

 

以下の2つは、登録しておいて間違いない転職サイトです。

登録自体は1分くらいで終わる簡単なもので、料金も再就職まで一切かからず無料ですので活用しない手はないです。

僕は転職する際に以下の2つを主に活用していました。

 

メドフィト

 

マイナビ

 

マイナビ求人数が他の転職サイトよりも圧倒的に多い(約8,000件)のがメリットですが、対象地域が限られていますので注意してください。

【マイナビの対象地域】

東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫

 

一方のメドフィトは全国対象です。こちらも迅速かつ丁寧な対応がウリのサイトですのでおすすめです。

最短3日のスピード入職も実現可能との記載があるように、僕もメドフィットを利用したことがありますが、登録した当日に電話がかかってくるくらい迅速な対応でした。

 

まずは、自分の市場価値を確認するためにも活用してみることをおすすめします。

さいごに

無理な仕事を振ってきたり、特に何もしてないのにキツくあたってくる人って一定数いますからね。

指導がまずかったり、コミュニケーションがうまくとれる環境ではないのかもしれません。

何か自分に非があるわけでもなく、人間関係に悩むなら転職してみるのもありだと思います。

 

働きやすい職場って、募集が出ればすぐに埋まる可能性が高いので、辞めるかどうかはまだ踏ん切りがついていなくても、情報を集めておいて好条件の案件が見つかれば話しを進めていくのが賢い戦略です。

 

各転職支援サイトの詳細は「おすすめの転職支援・求人サイト」を参考にしてください。

一緒に読まれている記事


スポンサーリンク

-転職情報
-

Copyright© かずぼーのリハビリ大全 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.