PT・OT・STの働き方

理学・作業療法士の最適な退職・転職時期はいつ?

投稿日:2017年7月12日 更新日:

いざ、職場を変えようと思うけど「いつ退職して、どの時期に再就職するのがベストなんだろ?」と悩みますよね。

加えて、上司に「退職します。」と報告するのも気が引けてしまい、なかなか次のステップに踏み切れない人もいるのではないでしょうか。

できることなら、ベストなタイミングで退職し、新しい職場で再スタートを切れると最高ですよね。

求人の多い時期は?

結論から言うと、

・年末〜3月

・8月~10月

に求人を出す病院や施設が多いです。

 

4月に新年度が始まりますので、年末〜3月の時期に新人さんを含めて中途採用者も迎え入れようとする動きがみられます。

また、中途採用者と新人さんとが被らないように、中途採用者向けに8~10月頃から求人を出しているところもあります。

 

ほとんどの人が新年度の再就職を狙うため、年末頃から転職活動を始める人は非常に多いです。

ですので、8~10月の時期は競争率は低く好条件のこの時期から転職活動を始めておくのは得策であるといえます。

再就職のベストな時期は?

退職者が多い月は、1~3月、そして9~10月です。

「ボーナスをもらってから退職しよう。」とみんな思うわけですので、自ずとその時期に退職者が増える傾向にあります。

ですので、この時期は退職者が多いのと、皆が同じタイミングで再就職をしますので競争率は高くなります。

 

退職後すぐに再就職をするのも良いですが、せっかくだから旅行でもしてゆっくりするのも良いでしょう。

なるべくボーナスは取りこぼしなく転職したいですよね。

そうすると、1~2月または9~10月の時期に新しい職場で再スタートを切るのがベストだと思います。

退職者の報告はいつまでにする?

一般的に、退職する3ヶ月前には上司に報告しておくことが常識とされています。

ちなみに僕の先輩は退職1ヶ月くらい前に報告して上司に怒られていたので、ギリギリで報告しないようにしましょう。

というのも、仕事の引き継ぎがありますので、やはり早めの報告に越したことはありません。

 

でも、いざ上司に「辞めます。」というのは、ものすごく緊張します。

僕も転職経験者ですので、その気持ちはよくわかります。

 

ですが、これはもう勢いで言うほうが良いです!

 

僕も「いつ言おうか。。」と悶々とした日々を過ごしていましたが、「結局辞めるって言うんだし、えーい、明日言うぞー!」と決意を固めました。

朝一で「〇〇科長、すみません。お話がありまして、少しお時間よろしいでしょうか。」と声をかけました。

案外、上司は察しが良いもので、「わかった。」とすんなりと個室へと案内されました。

 

僕は「実は、退職しようと考えています」と報告をしました。

 

上司は「んー。」と困った顔をしていましたが、「君の人生だからなぁ。」と受け入れてくれました。

 

上司への報告が済めば、事務的な手続きや仕事の引き継ぎなどを退職するまでには済ませておきます。

リハ職の場合は受け持っている担当患者さんの変更や係、委員会の引き継ぎなどがありますね。

このあたりは上司と相談して、今の仕事は最後まで責任を持って受け継ぐようにしておきましょう。

ベストな転職活動の時期。いつから動き出せば良い?

理学療法士や作業療法士も数年前に比べて求人数は減ってきています。

ですが、一般企業に比べて比較的採用されやすい職業であることには変わりません。

 

転職活動は余裕をもって、だいたい5ヶ月くらい前から始めておくと良いかと思います。

 

転職活動開始 5ヶ月前
上司に報告 3ヵ月前
就職先を決める 1~3ヵ月前

 

例えば・・・

1月に新しい職場でスタートさせようと思うと、8月頃から準備をしておきます。

10月には退職する旨を上司に伝えて、早ければ9~10月に次の職場を見つけておければベストですね。

もし、10月に再スタートしようと思えば、5月頃から準備をしておくということですね。

そうすると、希望に合った職場を見つけやすくなります。

転職をスムーズに進める方法

退職前にドタバタと次の職場を探すよりは、早い時期から行動しておくことが、就職先を選ぶ際の失敗しないポイントになります。

引き継ぎや退職職処理をしながら、転職活動をするのはとても大変です。転職に合わせて引っ越しする人なら尚更でしょう。

 

最近は、各病院や施設も見学、面接などの手間を省くため、転職サイトと提携して募集をかけている病院や施設が増えています。

ですので、転職サイトを活用して、現職で働きながら次の職場を探していくのがおすすめです。

 

転職サイトとは、あなたの代わりに希望条件に合った就職先を探してくれるサービスです。

サイトはいくつかありますが、どのサイトも非公開求人を多数紹介してくれて、しかも職場の情報もよくつかんでいます。(例えば、職場の雰囲気など。)

 

転職しようと考えている人は、早めに転職サイトに登録しておくと好条件の職場を見つけやすくなります。

転職はいかに早く動くかで良い求人を見つけられるかが決まります。

 

登録は無料ですので、使わないのは手はないです。

転職サイトは、就職先の紹介から面接のサポート、内定までを徹底サポートしてくれます。

僕が転職するときに感じたことは、常に求人情報を探しておくことが必要なのだということでした。職場はそんな簡単に選べないからこそ転職のプロにサポートしてもらったほうが成功する確率はグッと高まります。

 

【無料の転職支援サイト】

 

こちらに僕が厳選したおすすめの転職サイト5選をまとめていますので、参考にしてください。

 

一緒に読まれている記事


スポンサーリンク

1

転職経験者の理学療法士のかずぼーです。   理学療法士が活躍できる場は、病院に限らず、介護老人保健施設やデイケ ...

2

僕は5年目になる年に転職しましたが、辞めたいと思い始めたのは実は3年目のときでした。   下のグラフは、「初め ...

3

僕がまだ病院で勤務していた頃、30代半ばの実習生と話をする機会がありました。 最後の臨床実習だったので、僕は実習生に「就 ...

-PT・OT・STの働き方
-, ,

Copyright© かずぼーのリハビリ大全 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.