理学療法

【FIM】更衣(下半身)の評価

投稿日:

機能的自立度評価法(Functional  Independence  Measure:FIM)更衣(下半身)の項目について詳しく解説します。

 

スポンサーリンク



更衣(下半身)定義

腰より下の更衣の着脱を評価します。

ズボンやスカート、パンツ、靴下、靴・・・など

※以下の内容も更衣に含まれます

●衣服を取り出して準備をする、または衣服をしまう

●義肢または装具の着脱

(ストッキングや紙おむつも装具と同様の扱いとなる)

 

※以下の内容は更衣に含まれません

●入浴前後の更衣(特殊な状況であるため)

更衣(下半身)の採点方法

介助量
介助者なし 7 完全自立 0%
6 修正自立 0%
介助者必要 5 監視・準備 0%
4 最小介助 <25%
3 中等度介助 <50%
2 最大介助 <75%
1 全介助 ≧75%

 

準備も含めてすべて自分で行っていれば7点となります。

自助具を用いたり、時間を要している場合は6点となります。

更衣(下半身)の準備(5点以下)とは

自分でズボンや靴下、靴が履けたとしても、タンスから取り出したり、しまうなどは他の人にしてもらっていれば5点となります。

装具を準備し、装着に介助を要しても5点までしか下がりません。(更衣の主な動作ではないので)

腰より下の装具といえば、長下肢または短下肢装具などがあります。

また、浮腫防止のための弾性ストッキングや紙おむつも衣服の一種とみなし、装具同様の扱いとなります。

更衣(下半身)の介助(4~1点)

病院用寝間着を着ている人はすでに1点と採点されます。

普段着用しているズボン 、パンツ、靴 下、靴など4つに分解し、そのうち何割できているかで採点します。

例えば・・・

4つのうち3つに介助を要していれば3/4=75%となり、2点となります。

 

【→FIMの各項目一覧に戻る】

一緒に読まれている記事


スポンサーリンク

-理学療法
-

Copyright© かずぼーのリハビリ大全 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.