理学療法

【FIM】清拭の評価

投稿日:

機能的自立度評価法(Functional  Independence  Measure:FIM)清拭の項目について詳しく解説します。

 

スポンサーリンク



清拭の定義

①身体を洗う

②拭く動作

を採点します。

洗う範囲は「首から下」です。なんと背中は含みません!

 

なぜ、背中と洗髪は含まれないのか?

背中は障害者でなくても洗えない場合があり、FIMは最低限の動作のみで構成されていること洗髪は除外されます。

 

採点場所は、浴槽またはシャワー、ベッド上清拭のいずれでも良いです。

清拭の採点範囲

①左上肢、②右上肢、③胸部、④腹部、⑤会陰部全面、⑥臀部を含む会陰部、⑦左大腿、⑧右大腿、⑨左下腿、⑩右下腿

10カ所の各部位をそれぞれ10%と考えます。

整容の採点方法

介助量
介助者なし 7 完全自立 0%
6 修正自立 0%
介助者必要 5 監視・準備 0%
4 最小介助 <25%
3 中等度介助 <50%
2 最大介助 <75%
1 全介助 ≧75%

 

準備も含めて清拭の採点範囲を洗ったり、拭いたりすることが自分で行えれば7点です。

時間がかかったり、身体を拭くのに自助具を使用していれば6点となります。

清拭の準備(5点以下)とは

例えば・・・

タオルに石鹸をつける

タオルを絞ってもらう

身体を拭く前に室内の温度を調節する

など、各部は自分で清拭できるが、清拭する前の準備が必要な場合は5点となります。

整容の介助(4~1点)

10カ所のうち何カ所介助が必要かで採点します。

1~2カ所介助 → 4点(最小介助)

3~5カ所介助 → 3点(中等度介助)

6~7カ所介助 → 2点(最大介助)

8~10カ所介助 → 1点(全介助)

 

【→FIMの各項目一覧に戻る】

一緒に読まれている記事


スポンサーリンク

-理学療法
-,

Copyright© かずぼーのリハビリ大全 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.