雑記・考察

読んだ本を記憶するには外化させること

投稿日:2016年10月16日 更新日:

ブログを始めて約5カ月が経過して、幸いなことに今のところネタ切れはないようです。

それもそのはずなんですよね。

もはやブログタイトルとは関係なく好きなように書いていますので。笑

 

僕のブログを書くネタは主に読書から得ています。

インプットしていくことは自己成長にもなるし、本を読むことは安価で自己成長ができるものだと思っています。

 

スポンサーリンク



読んだ本の大半は記憶に残っていない

僕は年間120〜180冊くらい本を読むのですが、ただ読み進めるだけでは大半は身になっていないどころか、何を読んだかすら忘れています。

最悪身になっていなくても、少しくらい記憶に残るほうがいいですよね。

僕自身もそのことに気づいて、少し前に読書の仕方を変えてみることにしました。

読んだ本の内容を忘れないためにはどうすれば良いのか?

簡単なことで、アウトプットすればいいんですよね。

つまり、得られた情報を外化させるということです。

人に本の感想を言ってみるのも良いのですが、他人が感銘を受けた本の感想を聞くなど日常ではあまりないと思います。

やはり形に残ったほうが後で見返すことができるので、書き残すっていうのが一番良いですね。

日記に書き記すのもいいのですが、自分しか見ないのでモチベーションを保つのが難しいと思います。

 

おすすめなのが、FacebookやTwitterに読んだ本で得た知識や感想を書いていくことです。

そうすれば、誰かが見てくれてそこに「いいね!」やコメントをくれます。

コメントを返信するために、またそのことについて考えるので読んだ本の内容がかなり脳に刻まれます。

FacebookやTwitterを活用してアウトプットするのも良いのですが、一番良いのがブログです。

文字制限もないですし、検索機能や見出しタイトルもそこそこ整理されてるので、後で見返すには最高のツールだなぁと思っています。

ブログを書きながら知識が定着してくる

こうしてブログを日々書いていますが、正直な話医療の知識がめちゃめちゃあるから文章が書けるのではなくて、書きながら知識を定着しているようなものです。

技術もそうですが、インプットした知識はどんどんアウトプットしていくことで身になり、自分のものになるんですよね。

ブログを始めてみて、理学療法士としての知識は格段に増えたと思います。

この5カ月くらいはずっと文章化をしてきたので、他人にいざその知識を説明するときにもスラスラと説明できるようになりました。

ブログさまさまです。

参考書籍

せっかく読書したなら、忘れないでおきたいものですよね。

「読んだら忘れない読書術」は、読書が身になる具体的な方法が書いていますので、かなりおすすめです。

 

知識はアウトプットの仕方で、どんどん身につくものなんだと思います。

アウトプットの方法はいろいろあると思いますが、今のところ僕はブログが最強じゃないかと思っています。

今回も雑記になってしまいましたが、このようにして今後も得た知識はどんどんアウトプットしていくつもりです。

一緒に読まれている記事


スポンサーリンク

転職をお考えの人はこちら

1

理学療法士が活躍できる場は、本当にほんと沢山ある思います。 病院に限らず、介護老人保健施設やデイケア、訪問リハビリ、外来 ...

2

転職経験者、理学療法士8年目のかずぼーです。   実は僕、転職活動は2回目になります。 1度目の転職は5年目に ...

3

理学療法士のかずぼーです。   マイナビの大阪支社に行ってきましたので、今回はそのレポートを書いてみます。 な ...

4

今回ご紹介しているスマイルSUPPORT介護は、介護保険領域に特化した転職支援サイトであり、PT・OT・STで介護保険領 ...

-雑記・考察
-,

Copyright© かずぼーのリハビリ大全 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.